過去の日記 平成28(2016)年の日記へ 平成27(2015)年の日記へ 平成26(2014)年の日記へ 平成25(2013)年の日記へ

平成24(2012)年の日記へ 平成23(2011)年の日記へ 平成22(2010)年の日記へ 平成21(2009)年の日記へ


牧場長 牛飼いの忠さん 日記

  牧場キャラクター

8月19日(土)曇り時々雨、時々晴れ
うちでうまれた柴犬
マオとハナの子供


よそにもらわれていたが、
そこのうちが犬を飼えなくなり
貰い手を捜している。

5月7日うまれでまだ子犬
純血の柴犬
性別はオス

どなたかもらってやってください。









8月16日(木)晴れ
senter lady from Canada


夏休み中は
訪問客が多い。
中央はマリアちゃん
カナダから来た大学生
ほとんど日本語はしゃべれないが、
飛鳥ちゃんが
英語ペラペラで通訳してくれるので、
楽しく過ごせた。
この後
成田空港からカナダに帰国するという。

入れ違いで
今日は千葉県から
専門学校生がやって来た。























8月16日(水)くもり
地元勝山高校の3年生
畜産系大学受験を目指している。
ということで、
うちの牧場に体験に来た。
毎朝6時から良く頑張っていた。















8月13日(日)曇り一時雨
旧盆ラッシュ
旧盆の休みに入り、
みるく茶屋がにぎわった。
一時は行列が店内からテラスの方まで連なってしまった。

俺も店に入ったり、
シュークリームを運んだり、
フル回転だった。

忙しい中
店の女の子たちは
笑顔で対応してくれているので、
俺も疲れが飛ぶ。
行列に並んで食べてもらったお客様も、
ソフトクリームの味とともに、
彼女たちの笑顔で
癒されたと思っている。

先日地元のラジオ局 FM福井で、
スイカジェラートを紹介してもらったせいか、
途中で売切れてしまった。
忙しくて、
追加が製造できなくて、ごめんなさい。

8月11日(金)晴れのち一時雨
稲の花が咲き始めた
勝山城のテラスに置いてある
バケツ稲にも
花が咲き始めた。

日本人でも
主食の稲の成長過程を知らない人が多いのではないかと
毎年みるく茶屋の前に
プランターのように
バケツ稲を育てている。

店は旧盆に向けて
たくさんのお客様でにぎわっているが、
この花に気づいてくれる人が何人いるだろう。




8月5日(土)はれ

梅雨が明け
連日暑い日が続くが、
牧場の朝は
高原のさわやかさ。

朝のうちに
田んぼ周辺の草刈を毎日している。

今のところ稲の成長は順調

後はイノシシにやられないように
頑張ろう!






7月31日(月)はれ
毎年
牧場体験に来ている団体が、
今年もやってきた。
夏休みの間に
都会の子供たちが
自然体験をするサポートをしている。

この写真は
今月生まれた子牛に
バケツで哺乳してもらっている様子。
乳搾り体験や
バターつくり体験をして、
最後は
ジャージー牛乳の飲み放題
みんな「おいしい」「おいしい」を連発して、
5杯も飲んだ子もいた。
いくらなんでも大丈夫だったかな?

7月17日(月.祝)はれ
平泉寺1300年祭で
平家琵琶の奉納があった。

平家物語は中学時代
大好きで、
原文で読んだり、
祇園精舎の段を暗記したりしていた。

本物の琵琶法師の語りは聞いたことがなかったので、
忙しい中、
これだけは聞こうと
平泉寺境内に向かった。

しかし始まってみると、
ぎ〜お〜ん〜〜〜しょうじゃ〜の〜
かね〜の〜こえ〜〜〜〜。
というように、
長い長い節まわしで、
忙しい俺にはとても最後まで聞いていられなかった。

本当はやったりとしたときの流れの中、
平家物語にも出てくる平泉寺の境内で、
栄枯盛衰の物語を聞くのが良いのだろう。

7月10日(月)はれ
北陸自動車道
北鯖江パーキングエリア上り線
オレボステーションが本日リニューアルOPENした。

これまでもラブリー牧場のソフトクリームを
下り線のオレボステーションに供給していたが、

高速道路を利用する人の中には
上り線も下り線も、同じ経営だと思っている人が多い。

「鯖江のパーキングでおいしいソフトクリームを食べたよ」
と話しする人がいたとしても、
反対側のパーキングで食べて、
「なーんだ普通のソフトクリームじゃないか」と思われることも多かったと思う。

北鯖江に関して、
今日からは上り線も下り線も同じ経営になる。
これからは紛らわしくなくなる。
北陸自動車道を走ったら、
是非!北鯖江パーキングで止まって、
ラブリー牧場のソフトクリームを食べていってほしい。

7月8日(土)はれ
江戸しおり
職業ブロガー

ラブリー牧場に来場

60代のおじさんには
ちょっとなじみのない職業

「福井を楽しむ女の子のための情報サイト」
というのを運営しているという。

覗いてみてください。

リンク

ラブリー牧場をどのように紹介していただけるのか
期待です!
7月7日(金)はれ
九州では大雨の被害が出ているというが、
申し訳ないくらい福井は晴れ。

うちの田んぼでは
赤とんぼがいっせいに羽化してきた。

左に光っているのが
羽化したばかりの赤とんぼ

田んぼの中で育ったトンボの幼虫ヤゴは
稲の茎につかまって成虫になり、
飛び立ってゆく。
羽化したばかりの赤とんぼは
赤ではないのです。
やがて秋になると体が赤に変わり、
空一面に飛び回ります。
♪ゆうや〜けこやけ〜の赤とんぼ〜♪


ここでは当たり前の景色ですが、
全国的には少なくなった景色らしいです。

7月2日(日)勝山は雨、永平寺町は曇り時々晴れ
永平寺町の道の駅
全の里のイベントに参加した。
中部縦貫道福井大野間が今月8日に開通する
記念イベント

うちは
焼き立てメロンパンの移動販売車と
ポニーの乗馬体験で参加した。

梅雨真っ盛り
しかも天気予報は一日中雨
乗馬体験はどうなるのかと心配したが、
曇り時々晴れで、
多くの子供たちに
乗馬を楽しんでもらった。

ところが勝山市の方は
ひどい雨だったらしい。
ラッキー !
実は俺 晴れ男なのだ!

6月30日(金)曇り時々雨
梅雨に入って
勝山城博物館横
神社の石垣の
アジサイが咲き出した。
数年前から
俺が個人的に
雑草刈り等世話してきたので、
だいぶきれいに復活してきた。

梅雨にアジサイはよく似合う。
カラ梅雨気味で
牧場の田んぼや牧草も
水不足だったが、
これで大丈夫

アジサイの花に
携帯のカメラを向けている人をたくさん見かけた。


6月26日(月)くもり
昨日と一昨日は
越前大仏に2000人もの
お客様が訪れる催しがあり、
うちはジェラートを販売
今日はアイスクリームディッシャーを使いすぎて、
手首がダルダル
パソコンを叩くのにも苦労している。

これからは
イベントが続く。
来週7月2日(日)は
永平寺町の道の駅「禅の里」だ。

中部縦貫道が
福井北インターから大野インターまで
開通するのを記念してのイベント、
うちはポニーの乗馬体験、
恐竜メロンパンの焼きたて移動販売車を出す。
(本当の開通は7月8日)
ハッピーの乗馬体験出動は久々になる。


6月19日(月)はれ
朝の休憩タイム
毎日牛乳を飲み、
自家製のお菓子をつまみ、
ミーティングをしている。

今日から農業高校の
生徒が体験学習に来た。
福井県内の農業高校には
牛を飼っている高校がなくなってしまった。
牛を飼っている農場での
体験は貴重なものになるだろう。






6月18日(日)くもり
今日は父の日
父=乳 で乳の日 ということにして、
みるく茶屋では
お父さんに牛乳を振舞った。

さて
来月は平泉寺の開山1300年祭
普段は公開していない宝物殿が拝観できたり、
境内の中に
特設ステージを設けて、
コンサートなどが行われる。
ぜひこの機会に
北陸の苔寺
パワースポットとも言われている、
平泉寺に足を運んでもらいたい。

6月16日(金)はれ
今年も
耕作放棄地に
オス牛を放牧した。
牧草地でなくても、
搾乳をしなくて良い牛は、
野草を食べて
十分に育つ。
そして秋にはたくましくなって
帰ってくる。









6月15日(木)はれ
ハナの子犬が
ここまで大きくなった
メス二匹
オス一匹
歩き回るようになって、
ドッグフードも食べるようになった。
もう貰い手は決まっている。










6月13日(火)はれ
牧場の横の山
森林組合が間伐作業に入っている。
毎日毎日
大量の木が運び出されているので、
どんな作業をしているのかと、
山に入ってみた。

想像していた以上に広く、
歩いても歩いても作業現場に着かず、
大汗をかいた登山になってしまった。

間伐された森は明るく、
またこの間伐材で
今はバイオ発電が行われている。
一石二鳥のこの事業で、
山に活気が戻り、
若者の就労機会も増えている。
作業道で狐を見かけたが、
野生動物にとっても高速道路をつけてもらっているようで、
嬉しいだろう。

6月11日(日)快晴
昨日は市民卓球大会に参加
平泉寺チームは
9チーム中7位
まあ今の実力からしたらそんなところか。

今日はまだ筋肉痛が出ていないが、
明日かあさってが心配なところ。

今日は勝山市で
恐竜クロカンマラソンや
ハーレーのイベントなどが開かれていて、
にぎやかだが、
今回うちは出店しなかったので
静かな日曜日。
田んぼを見回ると、
水面の中にはいろいろな生き物が
動き回っていた。
農薬を撒かない田んぼには
心を癒される。

6月8日(木)雨
入梅も近いが、
田んぼを見回っていて、
シュレーゲルアオガエルの産卵行動を見かけた。
シュレーゲルアオガエルは
有名なモリアオガエルの仲間で、
田んぼのふちの草むらに
泡の塊のような卵を産む。

卵は毎年見つけるが、
産卵現場を見つけたのは始めて、
一回り大きなメスの背中に
オスがのっかているのがわかるだろうか。





6月3日(土)くもり
牧場周辺の
花菖蒲が咲き始めた。
雑草を刈り取るときに
菖蒲の葉を見つけると、
刈り残すことにしていた。
それを毎年繰り返した結果
あちこちにこんな花畑が誕生した。

「田舎の景色は人が作り出したもの」
映画おもいでぽろぽろ
のなかでもいっていた言葉だ。








5月30日(火)はれ
昨日のテレビ放送の
反応が気になるところだったが、
今日はとにかく
田植えを進めなくてはならない。
もちろんうちの田植えは
紙マルチ
活性炭入りの黒い再生紙を
田んぼに敷きながら
田植えをしてゆく。

気温は30度近くになる
晴天の中、
紙マルチを破らないように
ゆっくりと田植えを進めた。

水深の深い所と、
土が水面から出ていて
少し乾いてしまっている所があり、
いつまでたっても
「代掻きが下手だなー」と、
自分で思う。
それでも稲が頑張ってくれて、
毎年お米が収穫できている。
稲の力は偉大だ

5月24日(水)曇りのち雨
女房の車の前を
カモシカが横切った。
カモシカは人を見ても
すぐには逃げずに
じっと人間のほうを見ていることが多い。

カモシカは悪さをしないのだが、
イノシシ避けの
柵があちこちに出来て、
生活しにくそう。

今日は久しぶりの雨
これで田植え準備が始められる。
牧草にとっても
恵みの雨になった。








5月22日(月)はれ

NHKのテレビカメラがラブリー牧場に
やってきた。
吉田アナウンサーはテレビでいつも見ている顔
今日は牧場取材ということで、
ジーンズのつなぎに麦藁帽子というスタイル。
暑い中一日中牧草地で
撮影を繰り返した。

午後からは料理研究家の田中圭子先生も
加わり、
ジャージー牛乳を使ったお菓子の製作
さすがNHKと思わせる企画だ。

俺も初めて料理を食べて
コメントするというシーンを撮った。
終わったところで、
スタッフの方から、
拍手をもらってしまったが、
果たしてどう映っているのやら?
放送は福井県内で、
5月29日(月)夕方ニュースザウルス福井の時間に放送されるそうだ。
後日 石川県、富山県にも放送される予定


朝9時から午後6時まで
長時間にわたる
撮影を終えた
スタッフの皆さん

ご苦労様でした。





5月20日(土)はれ
今日は石川県のほうから
団体が体験牧場にやってきた。
ちょっと暑過ぎるくらいの晴天
搾乳もバター作りも
木陰で行う。

木陰はひんやりして、
気持ちがよい。

よく質問も出て、
新人スタッフにも
よい体験になった。

このところ忙しく
疲れ気味だったが、
こちらが子供たちに癒された。


5月19日(金)はれ
タニウツギの花が咲き出した。

何も手入れしなくても
牧場の周辺には次々と花が咲く

来週月曜日に
NHKの「ニュースザウルスふくい」
の取材に来る予定
きれいな牧場風景を撮ってもらえることを期待している。








5月17日(水)はれ
今日はまだ放牧経験のない
子牛の放牧練習
はじめて草地に出た子牛ははしゃいで、
電気牧柵の線をぶっちぎって行くこともあるので、
電機の線の怖さをまず教えなければならない。














5月14日(日)くもり
朝起きて
寝室の窓から外を見ると、
大野市方面が雲海となっていた。
越前大野城は
「天空の城」で写真家の注目を集めている。
きっと今日はよい写真が撮れただろう。

でも自分たちにとって
この景色は当たり前の風景

有害駆除の
イノシシ捕獲檻の点検に行ったら、
今日も一頭かかっていた。
今年4頭目
いくら駆除しても一向に減らない。
今日はみるく茶屋店長が休みなので、店に出勤するシフト、
大野市では「山菜フードピア」として七間朝市のお祭りをやっているので、
きっと帰りにうちの店も寄ってくれるだろう。

5月13日(土)曇り時々雨
体調を崩し、
起立困難になった
タージマハルが
今日は自分で立ち上がった。

昨日までは
一日一回
機会で吊り上げ立たせてやる
看病をしていた。

看病の甲斐あって、
食欲も回復し、
ゆっくり歩くこともできるようになった。
後もう少しだ。

5月9日(火)くもり
5月7日に柴犬ハナが子供を生んだ。
今回は3匹
父親のマオは
隣の犬にかみ殺されてしまったので、
マオの最後の子供となってしまった。

まだオスかメスかは見れていない。
3匹とも茶色の子供だ。







5月8日(月)はれ
5月の連休が終わった!

超忙しい時期に
東京からボラバイトに来ていただいた
田中さんも
えちぜん鉄道で帰っていった。
ボラバイトの合間に
越前大仏
恐竜博物館
平泉寺と、
勝山を代表する観光地も見てもらうことができた。

このえちぜん鉄道も
鉄道ファンには憧れの鉄道。
一両編成の鉄道は東京では見られないだろう。
日本の車窓百選にも選ばれている、
九頭竜川と、白山の景色も眺められたことだろう。

夏の旧盆ラッシュのときも来てくれるかな〜?
5月2日(火)はれ
味噌を自給しているが、
味噌を作ると、
樽の底に溜まり醤油ができる。
粕が混ざっているが、
これを布で濾せば
溜まりしょうゆの出来上がり、
自給自足のラブリー牧場
ついに醤油も!






4月28日(金)はれ
待ちに待った
今年の放牧が始まった。
初日は興奮して、
牛達は走り回り過ぎるので、
若牛は明日からにして、
今日は放牧経験の長い
親牛のみ15頭を放牧した。

長い冬を乗り切り、
春の日差しを浴びながら
美味しい青草をはむ姿を眺めるのは、
牧場スタッフにとっても
一年で一番幸せを感じる時

高い山には雪
牧場には茶色の牛
スイスみたいでしょ!





4月16日(日)はれ時々曇り
勝山の桜の名所
弁天河原の桜も満開

牧場スタッフ
今日のお昼ご飯は
お花見弁当を作って
桜並木にシートを広げて

勝山城の駐車場の桜も見事に咲き、
みるく茶屋も
たくさんのお客様でにぎわった。

店担当のスタッフは連れてきてあげられず
ごめんなさい。






4月10日(月)くもり
牧草地の周りの
サクラが咲き始めた。
勝山城の桜より一足先に
山の中で咲き始めるこのサクラは、
何という名前の桜なのだろう。
葉っぱよりも先に
花だけが咲くのは?

牧草地の雪も融け、
牧草が伸び始めてきた。
放牧できる日が待ち遠しい。







4月4日(火)はれ
帯広出張
北海道はさぞかし寒いだろうと思って
厚着をして行ったら、
ほとんど勝山と変わらない暖かさ。
道路には雪は無く、
日陰に雪山が残る程度。
コートが邪魔になって仕方なかった。

学生時代を過ごした懐かしい町
しかし昔の建物はほとんどなく、
浦島太郎状態
農業が主産業の十勝地方
この写真のような広大な農地から生産される農産物と、
農業関連産業で発展する町、帯広。
農業の底力を感じた。
3月25日(土)はれ
まだまだ日陰には
50センチ以上の積雪があるが、
ようやく牧草地までの道が貫通した。

初放牧の予定日は
まだまだ先だが、
これからどんどん雪が融け、
青草が伸びる
待ちに待った春がやってきた。







3月14日(火)晴れのち雪
今日で今シーズンのクレープ販売終了
うちの牧場のクレープファンで
「なんで冬しか売らないのよ〜」
といつも言っている方が、
クレープの食べ納めに
ご来店下さった。

すいません!
店が狭いので、
ジェラートショーケースを出すと、
クレープマシンを置くスペースが無くなってしまうのです。

明日は定休日で、
店内の模様替え、
16日からはジェラートの販売を開始する予定。
でも3月半ばというのに、
夜になって雪が降り出した。


3月10日(金)雪
まだ確定申告が終わらず、
ネバーランド事務所で泊まり込み。
パソコンを開いていると、
ニュースの中に
「地球の生命は火星由来説を支持する研究者急増」
「コロンビア大学 我々は火星人」
という文字が飛び込んでl来た。
この説は、
私、松本忠司が、1994年 富民協会から発売された、
百姓天国第7集で
「人類は異星人だった」という投稿で発表したものだった。
当時私の説は夢物語のようにしか捉えられなかったが、
いつかはこのことが証明されることを信じていた。
その時に、
実は何十年も前に松本忠司さんは
この事を言っていたんだよと
言ってもらいたいがために、
故、宮本重吾さんが中心となって活動した
地球百姓ネットワークが編集、発行した百姓天国に
投稿した。
コペルニクスの地動説は有名だが、
私の子供の頃、
大陸移動説も笑い話だった。
でも今は常識
この事が証明されてゆくと、
新しい科学の分野が広がって行く。
私の科学者魂がワクワクしている。
学校の教科書にはウソがいっぱいあると見抜いたのは
小学生の頃だった。
そのころの教科書には「ウサギは水を飲まない」と書いてあった。
ウサギが水を飲む様子を見た松本少年は
それ以後教科書に書いてあることも、
疑ってみることにした。

真実は一つ!


3月5日(日)はれ
今日は雁ヶ原スキー場
今シーズンの最終営業となった。
まだゲレンデに雪はあるが、
この一週間は暖かく
みるみる雪が解けてきた。

とうとう今シーズンは
一回しかスキーを出来なかったが、
まだ山の上の
スキージャム勝山は来月初めまで営業している。
行けるチャンスを
狙っている。

その前に溜まった事務仕事をこなさなくっちゃ。


3月2日(木)はれ
一番下の息子
が高校を卒業した。

俺自身も
長女を保育園に入れてから
今日まで
31年間のPTA活動を卒業する。
長かった








2月19日(日)はれ
絶好のスキー日和
雁ヶ原スキー場の
直売店「モーちゃん」も忙しかったが、
自分も息子と
1時間だけスキーを滑った。

還暦も過ぎた体には、
1時間ぐらいがちょうどよい
運動だった。

思い立った時に
普段着のままでスキーを履いて
ちょっと滑る
これが俺のスタイル。





2月12日(日)雪のち晴れ

勝山は連日雪の日が続き
毎朝5時からの除雪に疲れている。
こんな時は温泉にでも浸かりたいもの。

そこでうちの取引先でもある
福井市内
街中温泉リゾート「リライム」のホームページを
検索してみた。
リライムは今20周年記念として、
色々お得で楽しい企画をやっているようだ。
うちのソフトクリームもうちではやっていない
キャラメルソース掛けメニューの特別メニューだ。
どうりでこのところ注文が多いわけだ。
リライムテイクアウトコーナーのHPはこちら
風呂上りにラブリー牧場のソフトクリーム
これ最高!

2月8日(水)くもり
従業員研修として
越前海岸方面に行った
最初の訪問先
水仙の里公園

牧場は雪に埋もれている季節なのに、
海岸に行くと、
雪は無く
水仙の花が咲いているという
不思議な光景

昼食は
福井県が誇る最高級ブランド
「越前ガニ」
地元に居てもめったに食べられない代物だが、
今日は奮発した。


2月4日(土)はれ
元牧場に勤めていた
まっちゃんが結婚
金沢城近くのホテルでの
披露宴に参列してきた。

まっちゃんおめでと〜

娘がピアノ伴奏して
現店長綾名ちゃんが歌った
絢香の「にじいろ」も
バッチリ決まった。

俺も絢香の「にじいろ」を
密かに1人カラオケBOXに行って
「にじいろ」だけを1時間ぶっとおしで練習してきた甲斐あって、
若い子達と一緒に歌うことが出来た。
♪これからはじまる あなたの ものがたり、、、、♪

娘が徹夜で編集していた
まっちゃんのラブリー牧場ライフ
のDVDも上手に編集され、
会場で投影することが出来た。

披露宴の盛り上げに一役買うことが出来た。
ラブリー牧場ファミリー やったね!

1月31日(火)曇り
火曜日の牛乳配達を
ありさちゃんと交代した。
今日は道を間違えないように
助手席に座り、
付き添いで回る。

身長150センチ以下の
愛知県出身のありさちゃんは
完全防寒スタイル
それでも元気いっぱいに走り回る姿を見ていると、
ドクタースランプ アラレちゃん
みたいで可愛かった。

ー-ン    ウンチャ  バイチャ!




1月17日(火)くもり 積雪1m
朝の5時から
タイヤショベルで牛舎周辺の除雪
その後
いつもの火曜日の配達
福井市内の配達中は
牧場に雪がたくさんあることを忘れてしまう。
同じ福井県でも福井市内は
雪が10センチ程度しか積もっていないのだ。
ところがその配達の途中で
携帯が鳴り
牛舎横の上屋が牛舎から落ちる雪の圧力で、
崩壊してしまった。

                                      




1月13日(金)雪
牧場は
いきなり大雪になった。
これで
スキー場は
全面滑走可能になるだろう。

しかし配達に福井市内に行くと、
積雪0
うちのトラックだけに雪が載っている。
トラックの屋根の雪を見つけた
通行中の人は、
何処から来た車だろう? と
眺めている。
同じ福井県でも、
標高によって
雪の量は格段に違う。



1月9日(月、成人の日)くもり

昨日夜
作業を終えたときに
ミーシャがお産しそうだったので、
夜中に何度か起きて
見廻ろうと思っていた。
しかしコタツで寝てしまい、
起きたのは午前5時
牛舎に見に行くと、
もうすでにお産が終わっていて、
誰かスタッフが
お産後の世話をしてあった。

ミーシャは5回目のお産
子牛はメス

前回のお産は
メスの双子
しかし死産だった。
そのため体調を壊し
去年は散々だった。

今年は立派なお乳がついて、
期待が持てる。

1月8日(日)くもり


雪のないお正月で、
スキー場は困っている。

柴犬のマオとハナの子どもも、
昨日もらわれていったので、
あと残るは一匹
台所で娘と一緒に寝ている。









2017年1月7日(土)はれ
鳩小屋を
チョウゲンボウが襲う
これまでも舎外訓練として
鳩を運動に出していて、
オオタカに襲われることがしばしばあった。
しかし今回は鳩と同じくらいの大きさの
チョウゲンボウが鳩舎の入口から侵入
鳩を食い殺してしまった。
こんな小さな鳥でも
猛禽類の鋭い嘴と爪
生き残った鳩たちもおびえている。
年の初めから
悲しい事件となってしまった。







平成27(2015)年の日記へ

平成26(2014)年の日記

平成25(2013)年の日記へ
平成24(2012)年の日記へ

平成23(2011)年日記へ
平成22(2010)年日記へ
平成21(2009)年日記へ